奨学金制度とは?

大学等へ進学する前に知っておきたいのが“奨学金制度”です。奨学金制度とは、経済的な理由で学校に通うことが困難な学生にお金を貸し出す制度のことを言います。ただ、奨学金と一言で言ってもいろいろな種類があり、それによって内容や返済形態にも違いが出てきます。奨学金制度の種類や特徴をチェックしていきましょう!

奨学金制度の種類

借りるタイプの奨学金

就学前、あるいは在学中にお金を借り、卒業後に返済していくタイプの奨学金には次の4つが挙げられます。

JASSO(日本学生支援機構)の奨学金
奨学金制度の中で最も一般的な奨学金制度を扱う国の機関がJASSOです。学生のほとんどがこのJASSOの制度を利用しています。無利息の“第一種奨学金”と、利息が付く“第二種奨学金”があります。

大学独自の奨学金
大学で奨学金制度を設けている場合もあります。例えば東京学芸大学では、年間40万円を貸し出す“教職特待生制度”を設けています。

地方自治体の奨学金
各都道府県や地方公共団体が設ける奨学金制度です。東京都内を例に挙げると、足立区では“育英資金”という形で奨学金制度が設けられており、清瀬市や府中市でも教育委員会が奨学金制度を設けています。

民間団体の奨学金
民間企業や組合が設けている奨学金制度です。愛知県の学生を対象とする“公益財団法人いっしん育英会”、親を亡くした子どもたちや親が重度の後遺障害で働けない家庭の子どもたちを対象とした“あしなが育英会”などが挙げられます。

稼ぐタイプの奨学金

返済義務がない代わりに、働くことが条件とされた奨学金制度もあります。その中でも特にメジャーなのが“新聞奨学生”です。大手新聞社が設けている奨学金制度で、新聞配達などの仕事をすることで奨学金をもらうことができます。学費や入学費だけではなく、毎月安定した収入が入るのも新聞奨学生の魅力です。

もらうタイプ(給付型)の奨学金

地方自治体、民間団体、各学校が支給する奨学金です。“借りる”わけではなく“もらう”という形になるので、返済する必要はありません。ただし、給付型の奨学金は募集枠も少なく、当然倍率も高いので利用できる確率は非常に低い制度と言えます。