奨学金制度とは?

学業・スポーツなどで優秀な資質がある学生の経済的負担を減らし、さらなる修学を促すための制度です。

奨学金とは、学業、芸術、スポーツなどで優秀な資質を持つ学生に対して授業料や生活費などを貸与または給付し、修学を促す制度です。

日本で現在の奨学金制度の基礎ができたのは1943年。「日本育英会」という財団法人が設立され、太平洋戦争中の混乱で運用が滞っていた民間の奨学金制度に代わって、少額の奨学金を無利子で貸与したのが始まりとされています。

日本育英会は2004年に他の財団法人とともに独立行政法人「日本学生支援機構」(JASSO)として統合され、現在も複数の奨学金制度を運営しています。

また、2004年4月から国立大学が法人化されたことで、東京大学や一橋大学が独自の奨学金制度をスタートさせました。さらに対象枠は限られるものの、防衛省が運営する理工学・医学を対象にした奨学金制度や、地方自治体や民間企業による奨学金制度もあります。

いずれの奨学金も家庭の収入や成績などに関する選考・審査があり、条件に合わない学生は利用することができません。

主な奨学金の種類

■第一種奨学金(日本学生支援機構)

国内の専修学校(専門課程)・高等専門学校・短大・大学・大学院に在籍する学生を対象とし、無利息で奨学金を貸与する制度です。

■第二種奨学金(日本学生支援機構)

第一種と同じ学生区分を対象に、年間3%を上限とする利息を付けて奨学金を貸与する制度。利息が付く分、第一種より選考のハードルが低くなっています。

■あしなが育成会の奨学金

「あしなが育成会」というNGOが運営する民間の奨学金です。親が亡くなっていたり、重度の怪我や病気で働くことができない家庭の学生に対して審査・試験を経て支給されます。